記事を書き溜めても、パーキンソンの法則が発動する

PCが使えない状況などが予測される場合を除き、基本的にはわたくしは記事を書き溜めていません。同じ時間に記事を書き続ける習慣をしっかり身に着けるのが目下の目標だからです。

とはいえコンディションが良い時は2記事以上連続して書いたりもする事があります。その場合は記事をストックしておき、翌日公開に回します。

そうするとあら不思議、翌日書けば翌々日分までストックが出来るのですが「書かなくて良いや。」とその日は書かなくなってしまいます。

「なんて自分はだらしないんだ。」と自分を責めるのも良いですが、1ミリも改善する気がしないのでそれ以外の解決策を考えてみます。

「パーキンソンの法則」という言葉があります。端的に言うと「人は与えられた資源を極限まで使い切る。」というものです。納期が有る仕事はギリギリまで時間を使う、与えられた予算はギリギリまで使うといったとかくギリギリまで使い切ってしまいがちという法則です。

前述の記事ストックもこれに当てはまります。わたくしはサラリーマン・自営業・夫・父親の役割をこなしながら、隙間の限られた時間の中でササッと記事を書いています。先日1日休みをとって一人で過ごしましたが、なんとなんと!1記事も書けませんでした・・・。まさに「パーキンソンの法則」が発動しています。

という事で貯めたものは使い切るのが当たり前なので解決策は無いという結論です。特にアクセスも収益も無い状態なので、無為(という訳でもないですが)に記事を貯め続けるモチベーションもでてきません。

目的は記事を書き続ける力を身に着ける事ですので、特に書き溜めるような事はせず、毎日淡々と書き綴っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です